2014年04月24日

あそび

何でも、あそび が あるほうがいい。

仕事でも、勉強でも、休憩(あそび)があったほうがいい。

車だって、アクセル、ブレーキにあそびがあるから、いいあんばいに走れる。

あそびは本当に、大事!!

なにを、言いたいかというと、

有給休暇とらせろ! 温泉旅行にいかせろ!!!
posted by 菅野土地家屋調査士・行政書士事務所 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事

2013年12月20日

還暦を迎えて

考えることが、おっくうになってきた。

 計算もしたくない。(計算機がするけど)

 あたまがパンクしそうだ。

 痴呆の前触れ?




 やっぱり、余裕が無のかなあ 、、、、





 深呼吸 深呼吸

posted by 菅野土地家屋調査士・行政書士事務所 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事

2013年12月18日

政治屋 ?  政治家 ?

比例区で当選した方が、離党するときには、議席を返上(辞職)とか、いや主義主張が反対の党に入らないで新党結成なら、政党交付金が、、、、などなど どちらにも言い分がある。

 東こくまる氏は、比例区での当選なので、辞職するそうだ。

 東の都で、5000万円、、、言い訳か言い分かわからない


 夕べに白といい、あしたに 黒 といえるのが、セイジ屋


 おごるセイジ家 久しからずや (援用)

 今度の投票はいつかな?
posted by 菅野土地家屋調査士・行政書士事務所 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事

2013年12月16日

ラインって?

 電話はかけられる。
 メールも一応できる。


 それだけなのに、スマートフォンに変えた。
 

また、もとの携帯電話にもどそうかな。

posted by 菅野土地家屋調査士・行政書士事務所 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事

2013年12月15日

お歳暮

お歳暮の品を買うために、農家に行く約束をした。
まだ、品物は箱詰めができていない。3時ごろにできるそうだ。
 ものをいただくということは、もらって、うれしいものがいいにきまっている。


 ありがためいわく って こともあるけど。

 でも、お歳暮を 
       じゃ いつやるか? 『今でしょ』、、、、
  あと、倍返し と じぇじぇじぇ と おもてなし

 お歳暮の倍返しはないかも! 
    すごいものもらったら、じぇじぇじぇ かな!!

 お歳暮の品がほしかったものだったら、お正月に我が家にきたら、おもてなし、、、、

 そろそろ、時間、おいしいイチゴ 受け取りに行こっと!!




posted by 菅野土地家屋調査士・行政書士事務所 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事

2013年12月13日

言い訳

自分は正しい、、、、、。
 相手が悪い、、、、、、。

必ず、言い訳する方がいる。 必ず言い分がある。

ちゃんと、教えなかったからできない。

あう言えば、こう言う。

絶対すみませんなどという言葉はでてこない。


かわゆくないなあ!



わたし? 、、、、  反省しています。
 言い訳はしないこと。
  立場によっては、言い分もあるかも、でも (説明)主張はしない。 (あとで わかればそれでいい。わかんなくjてもそれでいい。)
誤解されても、、、


            →仙人になりたいなあ!!
posted by 菅野土地家屋調査士・行政書士事務所 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事

2013年12月11日

おごり

おごる平家久しからずや、、、
 

 自分を見失い、高慢な態度、、、、


ある知事も、きっと驕り高ぶっていたのかも
 銀行だって、担保もとらず、5000、、、、手のひらに渡す?

私は今どうかな。
 すこし、いい気になって私と関わりを持ったに
不快な思いさせたりしていないかな。

反省はさるでもできる、、、
         ジチョウして過ごそう。
明日は我が身
          いや、違う 明日は快晴? 
posted by 菅野土地家屋調査士・行政書士事務所 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事

2013年11月25日

認知症

 今朝、某テレビで、認知症の母に対する長男家族の介護の様子を、記録(長男が摂った)が放映された。コメンテーター は介護の専門家、医師、、、であった。
 認知症の初期症状は、料理をしたくないとのことであった。緊張の場があると、しっかりして認知症の進み具合が遅くなるともいっていた。
 認知症が進むと、排便した時、気持ちわるいので、自分で処理しようとし、結果的には服(身につけているもの全部)から、床から,布団などなど、排泄物でどうしようもない、匂いもきついし、それが毎日家族が参ってしまう。


 介護は、地域をも巻き込んで、明るく、笑いの中でするのが理想だそうだ、、。しかし 感情が先に発って、穏やかに接することはむずかしい。時には、『なんで、できないの! どうしてよばないの!』なんて大声で、せめてしまう、、、。 

 65才の4人に1人は認知症?、、、、、自分も可能性がたぶんにある、、、。 

 自分が認知症になったら、なったこともわからないから、、、、でも、やっぱり いやだなあ。
posted by 菅野土地家屋調査士・行政書士事務所 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事

2013年11月20日

18日の研修会

 水戸にある弁護士法人主催の研修会に参加した。
研修内容は、成年後見人制度について  従業員による不正行為と企業の対応 などであった。
 今報道されている、年金基金24億円、、、強制送還された事務長を例にとって、従業員の不正行為が発生するには、3つの要素 1 動機 2 機会  3 正当性が 認められるとのことであった。
 
動機 → もてたい いい暮らしをしたい 借金を返したい 、、、、、などなど。
機会 → 経理を1人でやり、チェック機能がない。
正当性→ 前に会社から不合理な処分を受けた。こんなに会社のために働いているに評価してくれない。
     ちょと、借りただけで、後で返そうと思っていた、、、、などなど。

動機  動機は私も、いつも持っている。できれば、、、、、、、いっぱいある。

機会  その機会がないというか、人のお金は私のお金ではないし、結果を考えれば、身内、親戚に多大な
   精神的苦痛を与えるから踏みとどまっている?かも、、、。

正当性 かってな思い込みかも。


 従業員の不正行為は、お金の出し入れは一人ではさせない。毎日チェックできる体制。

 高級自動車に乗っている。ブランド品を身につけている 夜の付き合いが派手など、その従業員
の給料でできるわけがない。少しでも、異変に気づいたら声をかけ、最小限の被害に抑えることが大事らしい。

 思うに、企業は、毎月、顧問税理士、会計士のお世話になっている。なぜ 高額な横領をわからない 
で何年も過ぎるのかわからないのだろうか。

  成年後見人制度については、主に人の財産を管理する業務。やはり、従業員の横領と同じく、他人
(会社、依頼人)のお金は他人のもの、、、、。
 何か困った事ができた信頼する弁護士にご相談を。  、、、、終わって懇親会も有意義であった。



posted by 菅野土地家屋調査士・行政書士事務所 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事

2013年10月24日

気付く

 気が付く   1 そのことに考えが及ぶ。気づく。
       2 細かいところにまで注意がゆきとどく。


気付く    それまで気にとめていなかったところに注意が向いて、物事の存在や状態を知る。


 まず 気付くこと  自分が肥満体だ! お腹がでている。 階段の上り下りもシンドイ、、、

           周りの方から「ふとった?」 気になり、体重を計る!

 気付いたら その後はどうする。 食事の質と量を変える、運動を取り入れ生活習慣を変える。

 変えたら、それを継続する。

 気付くことが、変れるスタートラインにたったこと 


 一歩ふみだそう。 
posted by 菅野土地家屋調査士・行政書士事務所 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事